« ブラジルの旅2012報告(2)変わるサンパウロ | トップページ | ブラジルの旅2012報告(4)帰国した「デカセギ」 »

2012年10月23日 (火)

ブラジルの旅2012報告(3)サンバライブ

金曜夜。地下鉄の新路線で行けるようになったFaria Limaのサンババー「O Traço de UniãoSamba52 に行ってきました。
夜10時にライブスタートと聞いていたので、10時すぎに到着。人があまりいない。
11時。演奏始まる気配なし。ミュージシャンの姿もなし。客がぱらぱら来始める。
12時。店内は客であふれかえる。100人は超えてる。おしゃれをした若い人が多い。やっとライブスタート。40レアル(約1600円)もチャージ取ってへたくそな演奏だったら許さんぞ、と思っていたら、相当レベルの高い演奏でした。
Samba62 ボーカルはベッチ・カルバーリョ風の女性で、サンバらしい太い声。時々バンジョーカバキーニョも弾きます。バックはスルド、タンタン、パンデイロ、カバキーニョ、7弦ギター。7弦ギターは低音をはじく親指が超高速。低音が心地よい。
サンバの定番曲を中心に約1時間余り。立ち上がって踊る人たち。盛り上がりました。2ステージ目もあるとのことでしたが、さすがにもう2時近いので無念の撤退。

最近のサンパウロは、著作権がうるさくなった影響で、サンバに限らずライブをする店やコンサートが激減しているそうです。
ライブとコミュニティーがあってこそのブラジル音楽、と思っている僕としても寂しい限り。今や音楽はテレビで流れるセルタネージョ(ブラジルのカントリー)だらけ。ブラジル音楽界、大丈夫かなあ。

|

« ブラジルの旅2012報告(2)変わるサンパウロ | トップページ | ブラジルの旅2012報告(4)帰国した「デカセギ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163239/55954214

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルの旅2012報告(3)サンバライブ:

« ブラジルの旅2012報告(2)変わるサンパウロ | トップページ | ブラジルの旅2012報告(4)帰国した「デカセギ」 »